特別展 茶の湯展

展覧会主旨


12世紀頃、中国で学んだ禅僧によってもたらされた宋時代の新しい喫茶きっさ法は、次第に禅宗寺院や武家など日本の高貴な人々の間に浸透していきました。
彼らは中国の美術品である「唐物からもの」を用いて茶をきっすること、また室内を飾ることでステイタスを示します。
その後、16世紀(安土桃山時代)になると、唐物に加えて、日常に使われているもののなかから自分の好みに合った道具をとりあわせる「侘茶わびちゃ」が千利休せんのりきゅうにより大成されて、茶の湯は天下人から大名、町衆へより広く普及していきました。このように、日本において茶を喫するという行為は長い年月をかけて発展し、固有の文化にまで高められてきたのです。

本展覧会は、おもに室町時代から近代まで、「茶の湯」の美術の変遷を大規模に展観するものです。
「茶の湯」をテーマにこれほどの名品が一堂に会する展覧会は、昭和55年(1980)に東京国立博物館で開催された「茶の美術」展以来、実に37年ぶりとなります。
各時代を象徴する名品を通じて、それらに寄り添った人々の心の軌跡きせき、そして次代に伝えるべき日本の美のすいをご覧ください。

みどころ


37年ぶり、
奇跡の大「茶の湯」展

昭和55年(1980)、東京国立博物館において開催された「茶の美術」展は、名家秘蔵の茶道具を日本の美術としてとりあげた初めての展覧会でした。
それから37年の時を経て、新たに21世紀の眼で日本文化の象徴「茶の湯」をたどります。

有名武将・茶人も愛した
名碗オールスターズ

かつて名だたる武将や茶人に愛され、時代を超えて人々の心をとらえてきた名碗が一堂にそろいます。
中国、朝鮮、日本と異なる地で焼かれた第一級の名碗たち。
各時代を象徴するこれだけの名品がそろうことはめったになく、まさに奇跡の開催といえます。

近代から現代へ。
茶の湯をつないだ近代茶人たち

明治時代、日本の経済界を支えた大実業家たちのなかに、古美術を愛し、新しい視点で茶の湯を究めた人々がいました。
今回の展覧会で注目する藤田香雪(ふじたこうせつ)、益田鈍翁(ますだどんのう)、平瀬露香(ひらせろこう)、原三溪(はらさんけい)、この四人の眼を通して、創造力にあふれた茶の湯の新たな魅力をご紹介します。

重文 遠浦帰帆図 牧谿筆(京都国立博物館)

概要


会期

2017年4月11日(火)〜6月4日(日)

会場

東京国立博物館 平成館(上野公園)
〒110-8712 東京都台東区上野公園13-9

休館日

月曜日
※ただし5月1日(月)は開館。

開館時間

午前9時30分〜午後5時
  • ※金曜・土曜は午後8時まで。日曜および5月3日(水・祝)・4日(木・祝)は午後6時まで。
  • ※入館は閉館の30分前まで。

主催

東京国立博物館、NHK、NHKプロモーション、毎日新聞社

特別協力

表千家不審菴、裏千家今日庵、武者小路千家官休庵、藪内燕庵、遠州茶道宗家、江戸千家宗家蓮華庵、江戸千家、大日本茶道学会、茶道宗徧流不審庵

協賛

伊藤園、トヨタ自動車、日本写真印刷、三井住友海上火災保険、三井物産

展示協力

大光電機

お問い合わせ

03-5777-8600(ハローダイヤル)

*報道関係お問い合わせ
特別展「茶の湯」広報事務局(ミューズ・ピーアール内)
担当/大山、高橋、川本 
E-mail:

アクセス


JR上野駅公園口、鶯谷駅南口より徒歩10分
東京メトロ銀座線・日比谷線上野駅、東京メトロ千代田線根津駅、
京成電鉄京成上野駅より徒歩15分

Google マップ

チケット


プレミアムグッズセット券

価格 7,200円
内容 懐紙入れ(インド型押し更紗木綿)、黒檀福ようじ(更紗の袋付)、展覧会オリジナル懐紙、本展観覧券1枚
※型押し更紗の特性上、布の裁断都合により柄の向きが変わることがございます。
販売期間 販売期間は2016年12月5日(月)10:00〜 限定数に達し次第終了
  • 【一般】【大学生】【高校生】の区分なく、すべて同一価格となります。
  • 「プレミアムグッズセット券」は、1セットのお申込みで「入場券」1枚と「プレミアムグッズ引換券」1枚が発券されます。
  • グッズ「更紗の懐紙入れ」は、会期中(2017/4/11〜6/4)に、会場内、展覧会特設ショップにてお引換えいたします。

「茶の湯」・「樂」共通チケット

価格 2,600円
内容 『特別展「茶の湯」』観覧券(一般前売:1,400円)と『茶碗の中の宇宙 樂家一子相伝の芸術(東京展)』観覧券(一般前売:1,200円)のセット券です。
販売期間 2016年12月5日(月)10:00〜2017年5月21日(日)15:00

無料シャトルバス運行!

4月11日(火)〜5月21日(日)の開館中、東京国立博物館と東京国立近代美術館の間を無料シャトルバスが運行します。
(乗車には展覧会チケットの提示が必要)

※『茶碗の中の宇宙 樂家一子相伝の芸術』(2017年3月14日(火)〜5月21日(日)、東京国立近代美術館)の詳細はこちら

特別展「茶の湯」

  • 中学生以下は無料。
  • 障がい者とその介護者1名は無料。(入館の際に障がい者手帳などをご提示ください。)
  • 会期中観覧日当日1回に限り、総合文化展(平常展)もご覧になれます。

茶碗の中の宇宙 樂家一子相伝の芸術

  • 中学生以下は無料。
  • 障がい者手帳をお持ちの方とその付添者1名は無料。(入館の際に障がい者手帳などをご提示ください。)
  • 本展の観覧料で入館当日に限り、所蔵作品展「MOMATコレクション」もご覧いただけます。

通常券(前売/当日)

前売券販売期間2016年12月5日(月)10:00〜2017年4月10日(月)23:59
  前売 当日
一般 1,400円 1,600円
大学生 1,000円 1,200円
高校生 700円 900円
  • チケットは、1枚につきお一人様1回限り会期中有効です。
  • 中学生以下は観覧料無料。
  • 障がい者とその介護者1名は無料。(入館の際に障がい者手帳などをご提示ください。)
  • 会期中観覧日当日1回に限り、総合文化展(平常展)もご覧になれます。

販売場所

※プレミアムグッズセット券は、JTB各店舗での販売はしておりません

お知らせ


イベント講演会

4月15日(土) 13:30〜15:00
(13:00開場予定、当日11:30より大講堂前にて指定席券配布)
「桃山の茶陶-和物茶碗」
講師:伊藤嘉章(九州国立博物館副館長)
会場:東京国立博物館平成館大講堂(定員380名)
聴講無料

イベント講演会

5月13日(土) 13:30〜15:00
(13:00開場予定、当日11:30より大講堂前にて指定席券配布)
「茶の湯の魅力-日本、朝鮮、中国のやきものを中心に」
講師:三笠景子(東京国立博物館東洋室主任研究員)
会場:東京国立博物館平成館大講堂(定員380名)
聴講無料

イベント呈茶席

各流派による呈茶席があります。
【日程】
 4月18日(火)表千家不審菴(担当:表千家同門会東京支部)
 4月20日(木)武者小路千家官休庵(担当:東京官休会)
 4月21日(金)藪内燕庵(担当:古儀茶道藪内流竹風会東京支部)
 4月22日(土)江戸千家宗家蓮華庵
 4月23日(日)東京藝術大学(担当:東京藝術大学裏千家茶道部)
 4月25日(火)大日本茶道学会(担当:大日本茶道学会本部教場)
 4月27日(木)江戸千家
 4月28日(金)遠州茶道宗家
 4月29日(土)茶道宗徧流不審庵(担当:茶道宗徧流不審庵関東地区)
 4月30日(日)裏千家今日庵(担当:茶道裏千家淡交会関東第一地区)
【時間】各日11:00〜15:00頃(各回30分、全8回実施)
【会場】平成館1階ラウンジ
【茶券】500円(菓子付・税込)(ただし本展覧会の観覧券が必要。半券でも可。その場合は別途入館料が必要。)
【受付】当日受付。9:30より茶券販売開始(お一人様一枚のみ)。売切次第終了。
 ※特別展「茶の湯」へは、当日に限り再入場が可能です。
  再入場する際は、会場入口でチケットの半券等を必ずご提示ください。
  構内(正門)から出た場合の再入館時は、入館料が必要となります。

トピック茶室「転合庵」公開

東京国立博物館恒例の「春の庭園開放」(3月14日[火]〜)を延長し、4月11日(火)〜5月7日(日)の期間、小堀遠州ゆかりの茶室「転合庵」を特別に公開いたします。
場所:東京国立博物館 庭園内
※庭園公開は、10:00〜16:00です。
※悪天候により、中止になる場合があります。
※ただし4月15日(土)、30日(日)は茶室は公開していません。

音声ガイド


国宝級の茶の名品の数々を落語家・春風亭昇太さんがご案内します。

【貸出価格】 520円(税込)

(制作・アートアンドパート)

【プロフィール】

1959年静岡生まれ。新作落語の創作活動に加え、昇太独自の解釈で古典落語に取組み、文化庁芸術祭大賞を受賞するなど、新作、古典問わず高い評価を得ている実力派真打。さらに、演劇への出演も多く役者としても活躍し、ミュージシャンとのライブも意欲的に行なうなど、ジャンルを越えて積極的に活動している。また長年にわたる「お城めぐり」が高じ、著書の発行、城郭フォーラムのパネラー、講演、城イベントの出演も多い。

ページトップの画像は左上から時計回りに 重要文化財 唐物肩衝茶入 銘 初花 中国 南宋〜元時代・13〜14世紀 東京・德川記念財団蔵(展示期間:4月11日[火]〜4月23日[日])/ 交趾大亀香合 中国 明〜清時代・17世紀 大阪・藤田美術館蔵(展示期間:4月11日[火]〜4月23日[日])/ 国宝 青磁下蕪花入 中国 南宋時代・13世紀 東京・アルカンシエール美術財団蔵/ 国宝 曜変天目 稲葉天目 中国・建窯 南宋時代・12〜13世紀 東京・静嘉堂文庫美術館蔵(展示期間:4月11日[火]〜5月7日[日])/ 国宝 志野茶碗 銘 卯花墻 美濃 安土桃山〜江戸時代・16〜17世紀 東京・三井記念美術館蔵/ (背景) 国宝 紅白芙蓉図 李迪筆 中国 南宋時代・慶元3年(1197) 東京国立博物館蔵(展示期間:5月23日[火]〜6月4日[日])